ご挨拶

1962年に信越地区の農産加工品用の金属製容器(18リットル缶、9リットル缶)の製造販売でスタートした当社は、多くのお客様のご愛顧、ご支援に支えられ、東日本全域に活動範囲を広げるとともに、様々な分野に販路を開拓し、今日に至っております。


当社はJFEグループの一員として、JFEスチールを始め、多くの企業の協力のもと、高品質な商品を製造する為に、徹底した品質管理を行っております。更に柔軟性のある生産体制と機動力の高いデリバリー体制も当社の強みであり、これらの特徴を活かすことで、安心・安全な商品を迅速・正確にご提供することを可能にしております。
また近年、世界規模で環境問題への取り組みが求められておりますが、18リットル缶・9リットル缶を始めとした金属容器の主原材料である「スチール」はリサイクル率が極めて高い、循環型社会に最も適合した素材です。私たちは限りある資源を大切にし、地球に優しい容器をこれからも提供し続けます。


尚一層の力強いご支援、ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役 平野 士郎

企業理念

長野製缶は、18リットル缶・9リットル缶を核とした食品分野でオンリーワン企業を目指し、もって社会に貢献します。

ビジョン

私たちは、安心・安全な製品とサービスの提供を通じて、「社員」「家族」「お客様」が共に幸せとなる企業を目指します。

基本情報

会社名長野製缶株式会社
代表者代表取締役 平野 士郎
所在地〒382-0001
長野県須坂市大字小河原字松川4057-1 松川工業団地
事業内容18リットル缶、9リットル缶、スコア缶、その他関連商品の製造販売
資本金16,000千円
売上高745百万円(令和4年3月期)
株主JFE商事株式会社(旧川鉄商事)100%
敷地面積4,736.54平方メートル
生産能力40缶/分(18リットル缶、9リットル缶平均)
従業員数23名(令和4年4月現在)※役員を除きパートを含む

アクセス


お車(タクシー)の場合

須坂駅から県道352号線 経由で9分程度(約4.2km)

電車・徒歩の場合

北須坂駅から県道499号線経由で15分程度(約1.2㎞)

沿革

昭和37年 4月原山製缶株式会社を設立
昭和45年 4月川鉄商事株式会社(現JFE商事)の資本参加を得る
昭和47年 6月長野製缶株式会社と社名変更
昭和60年 6月本社・工場を須坂市松川工業団地に移転
平成 7年 4月18リットル、9リットル溶接缶製造ラインを新設
平成15年 8月スコア缶製造・販売開始
平成18年 6月巻締補正塗装装置稼働
平成19年 5月オートプレス ライニング自社製造スタート
平成21年 8月天地シーマ搬送部改良及び180度反転機新設
平成21年 9月フランジャー出口異物除去装置新設
平成22年 1月
ストレッチャー補正コンベア新設
平成22年 9月40R自動ブリキ保護機新設
平成22年 10月天地シーマ供給機内異物除去装置新設
平成25年 5月~平成28年 9月LED照明導入
平成28年11月内面検査エリア囲い工事実施
平成29年 7月フォークリフトの全バッテリー車化完了
平成29年12月多工程マルチプレス機新設
令和4年1月予備加熱オーブン(近赤外線ヒーター)新設